おサタンとぴっくす

おサタンとぴっくすでは、今どきの気になるニュース、芸能、おもしろネタ、2chで話題なスレなどをまとめて紹介しています。

    カテゴリ: スポーツ


    桃田賢斗 不祥事・・・
    2016年 4月7日 - バドミントン選手の桃田賢斗らが東京都内の違法カジノ店にて賭博をしていたことが判明、翌8日に記者会見を開き、賭博を認め、NTT東日本バドミントン部同僚の田児賢一と共に謝罪。

    1 ひかり ★ :2018/09/16(日) 16:50:29.59 ID:CAP_USER9.net

     「バドミントン・ジャパン・オープン」(16日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ)

     男子シングルス決勝が行われ、世界選手権金メダルの桃田賢斗(24)=NTT東日本=が世界ランク26位のフェトラダブ(タイ)を2-0で下し、
    初優勝を果たした。日本男子勢では大会史上初の制覇となった。

     最後の1点をライン上へのスマッシュで決めると、桃田はひざまずいて喜びをかみしめた。「復帰して海外大会はたくさん出たけど、日本での大会は特別。
    正直、世界選手権よりも優勝したかった。勝ちが見えてきた時からサーブの時に手が震えた。それくらい勝ちたかった」と胸の内を明かした。

     小学生時代から観戦し、高校2年から出場してきた思い入れの強い大会だった。しかし、不祥事による処分で、15年大会を最後に出場から遠ざかっていた。
    昨年は競技復帰を果たしていたが、出場するには世界ランクが足りずスタンドで観戦。観客席で1人、トップ選手との差を感じた。

     そして3年ぶりのカムバックでついに初制覇を果たした。「(当時は)この舞台に立つことすらできないと思っていたが、周りの方々に支えられて、
    昔から憧れてた舞台で試合ができた。皆さんの前で成長した姿を見せられたと思うので、今はうれしい気持ちでいっぱいです」と万感の表情だった。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00000092-dal-spo

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 www.yonex.co.jp)


    【【バドミントン】桃田賢斗、不祥事を乗り越え日本男子初優勝 ジャパンオープン】の続きを読む


    (出典 pbs.twimg.com)

    1 名無しさん@涙目です。 :2018/09/09(日) 13:11:39.98 ID:/E7NXVsQ0●.net BE:601381941-PLT(13121)


    (出典 img.5ch.net)

    大坂なおみ選手の祖父 大坂鉄夫さん「うれしくて涙」

    テニスの四大大会最終戦、全米オープンで初優勝を果たした大坂なおみ選手の祖父で、
    北海道根室市の大坂鉄夫さん(73)は自宅前で報道陣の取材に応じました。

    鉄夫さんは、大坂選手の試合を自宅でテレビ観戦していたということで、「孫が世界一になった
    実感がまだわかず、興奮しています。優勝の瞬間は家にいた妻たちと一緒になって喜びました。
    うれしくて涙が出ました」と孫が成し遂げた快挙を喜びました。

    そのうえで「これからもケガのないようにさらに活躍してほしい。東京オリンピックでも
    優勝してほしいですね」と今後の活躍に期待していました。


    (出典 imgur.com)


    (出典 imgur.com)


    (出典 imgur.com)


    (出典 imgur.com)


    (出典 imgur.com)


    (出典 imgur.com)


    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180909/k10011620071000.html


    【大坂なおみ優勝、北海道の祖父「なんか複雑すぎてわからんなぁ」】の続きを読む



    (出典 jpreaction.com)

    1 豆次郎 ★ :2018/09/10(月) 10:43:56.39 ID:CAP_USER9.net

    9/9(日) 8:01配信
    【ニューヨーク=上塚真由】テニスの全米オープン女子シングルス決勝で8日(日本時間9日)、元世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=を6-2、6-4のストレートで破り日本選手として初優勝を飾った大坂なおみ(20)=日清食品=に、客席からブーイングが浴びせられた。

    「子供の頃から決勝でセリーナと戦うことを夢見てきた。でも負けるような夢は見ていない」。そう語っていた大坂は、日本選手初の四大大会制覇の偉業を成し遂げると、憧れのS・ウィリアムズから抱きしめられ祝福された。母親やコーチが見守る客席に駆け寄った。コートサイドのベンチに戻ると、しばらく頭からタオルを被って優勝の喜びをかみ締めた。

    しかし、試合は客席からのコーチング(指導)の疑いで警告を受けたS・ウィリアムズが、主審を「嘘つき! 謝れ!」などと罵るなど荒れた展開となっていた。表彰式が始まると、S・ウィリアムズの出産後初の全米制覇を期待していた客席からブーイングが起こった。

    大坂の目から涙がこぼれ落ちた。S・ウィリアムズに肩を抱かれても表情は硬いまま。偉業達成の感想を問われた優勝インタビューでも涙をこぼし、異例の言葉を口にした。

    「ちょっと質問じゃないことを語ります。みんな彼女(S・ウィリアムズ)を応援していたのを知っている。こんな終わり方ですみません。ただ試合をを見てくれてありがとうございます。本当にありがとう」

    そして、S・ウィリアムズにお辞儀をして「プレーしてくれてありがとう」。プレー中とは正反対の弱々しい大坂の姿に、ブーイングを浴びせていた客席が一瞬、固まった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180909-00000510-san-spo

    ★1がたった時間:2018/09/09(日) 08:22:58.07
    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1536526463/


    (出典 www.sponichi.co.jp)



    (出典 pbs.twimg.com)
    【【テニス】大坂なおみ優勝するも涙の謝罪「こんな終わり方ですみません」】の続きを読む


    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)

    1 ばーど ★ :2018/09/08(土) 12:51:52.95 ID:CAP_USER9.net

    錦織は天敵のジョコ*に14連敗を喫し、4年ぶりの決勝の舞台にもあと一歩届かなかった。これが今大会6試合目。「やっぱり4大大会で決勝に行ったり、優勝するには体力がいる。メンタル的にも疲労がくるので、そういう強さがないといけない」と歴戦の相手に自分に足りないものを痛感させられた。

    「足が動かず体も使えてないからミスが出る。自分が彼のレベルについていけなかった」。フルセットを戦い抜いた準々決勝のチリッチ戦の影響などもあったのか、出だしから動きが重かった。錦織の言うメンタル面の疲れも上乗せされ、ジョコ*の精度を吹き飛ばすような積極的なプレーを見せられなかった。

    唯一チャンスがあったとすれば第2セットの序盤だった。第1ゲームは15分近く費やしてキープに成功。続く第2ゲームでは2本のブレークポイントを握った。だが、このチャンスも自分のミスであっさりと逃した。ジョコ*のサービスゲームで3ポイント以上奪えたのは、このゲームと最終ゲームのみ。「試そうと思ったことをことごとく封じられて鋭い球が飛んできた」と試合が進むにつれて一層気持ちも体も沈んでいき、「自分のテニスがよみがえってくる気配がなかった」とエネルギーを使い果たして敗れ去った。


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    2018年9月8日 11:51
    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/09/08/kiji/20180908s00028000132000c.html

    【【テニス】 錦織圭、天敵ジョコビッチに完敗「ことごとく封じられた」】の続きを読む


    (出典 wordleaf.c.yimg.jp)

    1 Egg ★ :2018/09/04(火) 06:17:05.03 ID:CAP_USER9.net

     体操女子で16年リオ五輪代表の宮川紗江(18)からパワハラを指摘された日本体操協会の塚原千恵子・強化本部長(71)、夫の塚原光男副会長(70)が2日夜に文書で謝罪の意向を示したことを受け、宮川の代理人を務める山口政貴弁護士は3日、日本テレビ系番組で「謝罪だけ受け入れて終わりという結論にはならない」と切り捨てた。

     今後の対応は「(宮川と)協議して決める」としたが、協会の体制が変わらない限り決着にはならないと主張した。

     宮川の代理人・山口弁護士は日本テレビ系「スッキリ」に生出演し、塚原夫妻が連名で「直接謝罪したい」と記した文書について語った。「仮に謝罪を受け入れたとして、これで終わりということは本意ではない。塚原夫妻以外の協会の体質も言及していきたい」と険しい表情を浮かべた。宮川にも謝罪文をメールすると、驚いていたという。

     文書では、宮川のパワハラ告発を光男氏が「全部うそ」と発言したり、8月31日に夫妻が声明文で告発内容を一部否定したことに対し、「恐怖心や不快感等を与えてしまい、申し訳なく思っております」と謝罪した。しかし、宮川がパワハラと受け止めた、千恵子氏の「五輪に行けなくなるわよ」という発言や、自身が監督する朝日生命への引き抜きなどに対して直接の謝罪はなく、山口弁護士も別の番組で「事実への言及がない」と疑問を投げかけた。

     パワハラ問題解決に向け、日本協会は8月30日に第三者委員会の設置を決めた。塚原夫妻は「協力し、判断を待つ」としたが、宮川は8月29日の会見で「協会の体制、強化本部長が変わらなければ(東京五輪で)メダルは厳しい」と辞任を希望した。山口弁護士もこの日、強化体制の改革を最優先に据え、「(改革が)確保できない限り、幕引きにはならない」と明言した。

     日本協会はこの日、山本宜史・専務理事(54)が都内のスポーツ庁を訪問し、一連の騒動の経緯などを報告した。山本氏は「協会のガバナンスを含めて検討し、二度とないように取り組んでいってほしいと指導をいただいた」と語った。第三者委員会を今週中にも立ち上げ、早ければ今月中にも結論を出したいという。結論が出るまでは、千恵子氏が強化本部長を続投する考えも示した。

     10~11月には東京五輪の前哨戦となる世界選手権(カタール・ドーハ)が控える。山本氏は「早く選手たちが気持ちよく体操をできるようにしたい」と話したが、解決までまだまだ時間がかかりそうだ。

     ◆JOCに説明

     日本体操協会はスポーツ庁のほか、日本スポーツ振興センター(JSC)、日本オリンピック委員会(JOC)、日本スポーツ協会を訪れて経緯を説明。スポーツ協会の担当者からは「しっかり対応してください」と要望を伝えられた。また、速見佑斗コーチは宮川に暴力を振るったことを認めており、協会の無期限登録抹消などの処分を受け入れている。速見コーチは5日に会見予定。

     ◆塚原夫妻による2日の謝罪文 夫妻は宮川の主張の一部を否定していたが、謝罪文で「私たちの落ち度が大きな原因」と全面的に非を認め、「宮川選手に対して直接謝罪させていただきたい」との考えを示した。謝罪の言葉は10回に及んだ。

    9/4(火) 6:12配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00000018-sph-spo



    【【体操】<塚原夫妻の謝罪じゃ終わらない!>…宮川の代理人、協会の体制変更要求!】の続きを読む

    このページのトップヘ