おサタンとぴっくす

おサタンとぴっくすでは、今どきの気になるニュース、芸能、おもしろネタ、2chで話題なスレなどをまとめて紹介しています。

    2018年07月


    (出典 lpt.c.yimg.jp)

    1 Egg ★ :2018/07/01(日) 22:11:06.98 ID:CAP_USER9.net

    サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、日本代表は2大会ぶりに決勝トーナメントに臨む。
    2日(日本時間3日)の1回戦でベルギーと対戦するが、相手国メディアは日本を分析。DF吉田麻也を「このチームにおけるスターである」と警戒している。

    ベルギーメディアは決して日本を侮っていない。公共放送「RTBF」は日本を徹底分析している。
    システム面ではここまで4-2-3-1の布陣を採用していること、MF長谷部誠、MF香川真司、DF吉田、GK川島永嗣といった経験のある選手を軸にしていることも紹介している。

    ●そして日本のストロングポイントにも触れている。

    「守備面では、マヤ・ヨシダがコントロールタワーであり、このチームにおけるスターである。
    彼はデュエルを恐れず献身的であり、リカバリーも正確である。プレミアリーグでもプレーするヨシダは守備面の要だ」

    プレミアで経験を積む、吉田こそが日本の守備の要だと認めている。
    また長谷部を「サムライブルーの頭脳」だとし、「彼は試合の方向性を決め、彼の経験値が鍵となる」とその経験値にも一目を置いている。

    日本の左サイドにも注目「ナガトモ、イヌイは常に走り続け、精力的だ」
    さらにはベルギーの右ウイングバックに入るDFトーマス・ムニエと、日本の左サイドとのマッチアップにも着目している。

    「トーマス・ムニエは、ユウト・ナガトモ、タカシ・イヌイと対峙することになる。この2人は常に走り続け、精力的だ。
    またイヌイには相手に痛手を与えるシュートもある。セネガル戦では美しきゴールでそれを証明してみせた。
    ユウヤ・オオサコも献身的だ。彼は決してボールを待つだけの選手ではない」

    ●DF長友佑都、MF乾貴士、FW大迫勇也の名前を挙げて、要注意だとしている。

    「厳格さ、規律、連帯感が日本のキーワードであり、活力ある動きと合わさることで対戦相手への驚異となるだろう。
    その他にもケイスケ・ホンダ、シンジ・オカザキといった切り札を要しており、セネガル戦ではそれが機能した」

    さらには日本が持つ、規律や連帯感という特長にも言及。ジョーカー起用で結果を残しているMF本田圭佑にも触れ、日本に深く迫っている。
    ベルギーが誇るFWロメル・ルカク、エデン・アザールら豪華攻撃陣を、“日本のスター”と称された吉田が止められるのか。まずはディフェンス面での頑張りが試合のカギを握ることになりそうだ。

    theanswer 7/1(日) 13:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180701-00028201-theanswer-socc 
     
      

    【【サッカー】いよいよ決戦‼日本ベスト8なるか? ベルギーメディアが日本を分析 DF吉田麻也を「このチームにおけるスターである」と警戒!】の続きを読む


    (出典 contents.oricon.co.jp)

    1 湛然 ★ :2018/06/18(月) 05:17:37.05 ID:CAP_USER9.net

    2018-06-18 05:00
    新田真剣佑、海外映画祭にド派手スーツで初参加 上海のファンが熱烈歓迎

    映画『OVER DRIVE』(公開中)に出演する俳優の新田真剣佑が16日、中国・上海で開催された『第21回上海国際映画祭』に出席。海外映画祭に初参加となったが、ド派手なスーツでレッドカーペットを闊歩し、堂々デビューを飾った。

    同映画は、公道を全開走行で駆け抜ける最も過酷な自動車競技「ラリー」を題材に、若者たちの熱い絆と愛を描く。『海猿』などの羽住英一郎監督がメガホンをとり、主人公・檜山篤洋を東出昌大、その弟・檜山直純を新田が演じている。

    16日に行われたレッドカーペットアライバルにあわせ、羽住監督と共に現地入りした新田。虹橋(ホンチャオ)空港には現地ファン200人以上が殺到し、2人が到着出口に現れるやいなや「まっけーんっ!!」と大歓声が響きわたった。現地ファンたちは、手作りうちわや新田の大好物であるタピオカミルクティーを持参で歓迎。2人は熱狂ぶりに驚きつつも、車に乗り込む最後までファンとの交流を楽しんだ。

    その後、レッドカーペットアライバルが行われる上海オペラハウスへ移動。メディア延べ300人以上が待ちわびているレッドカーペットに煌びやかな衣装に身を包んで登場した新田は、初めての海外映画祭とは思えないほど堂々と闊歩。「国境を越えてこの熱い映画は必ず心に届くと思うので、国問わずより多くの方々に楽しんでもらえたらうれしい」と語り、さらに今回参加できなかった東出に向かって「兄貴ー! 兄貴がいたらもっと楽しかったけど、でも兄貴の分まで楽しんでます!」とメッセージを送った。

    翌17日には、1928年に建立された中国最古の映画館、上海大光明電影院(グランドシアター)にて『OVER DRIVE』のインターナショナルプレミアにもなる公式上映と、上映後の舞台あいさつを開催。上映チケットは発売した瞬間、即完売。その熱は当日も伺え、1200席が満席となった劇場での本編上映中、新田演じる直純のシーンでは歓声が沸き起こり、クライマックスでは涙を流す現地ファンが続出した。

    上映後、拍手喝采となった会場に登場した新田は、中国語であいさつして沸かせたあと、「次は上海で運転してみたい!」と興奮して語り、羽住監督も「次は『OVER DRIVE2』で上海ラウンド撮りたい。そのためにも、中国で大勢の方たちに『OVER DRIVE』を観てもらえたらうれしいです」と話していた。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    『第21回上海国際映画祭』に参加した(左から)羽住英一郎監督、新田真剣佑 (C)2018「OVER DRIVE」製作委員会 
     
     

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)

    https://www.oricon.co.jp/news/2113826/full/


    【【映画】「OVER DRIVE」新田真剣佑がかっこよすぎる!上海国際映画祭にド派手スーツで初参加 ファン熱烈歓迎】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)


    7/1(日)16:00~ NHK-BS1 再放送

    1 豆次郎 ★ :2018/07/01(日) 10:53:56.53 ID:CAP_USER9.net

    7/1(日) 0:53配信
    19歳ムバッペが圧巻2発! フランス、アルゼンチンとの打ち合い制しベスト8進出

    2018 FIFAワールドカップ ロシア・決勝トーナメント1回戦が6月30日に行われ、フランス代表とアルゼンチン代表が対戦した。


    グループC首位で2大会連続ベスト16のフランスと、苦しみながらも逆転突破を果たしたグループD2位のアルゼンチンが激突。フランスはキリアン・ムバッペ、オリヴィエ・ジルー、アントワーヌ・グリーズマンの3トップで、ポール・ポグバやエンゴロ・カンテらも先発出場となった。

    対するアルゼンチンはエースのリオネル・メッシ、アンヘル・ディ・マリア、クリスティアン・パボンが3トップを形成し、ゴンサロ・イグアイン、セルヒオ・アグエロ、パウロ・ディバラら豪華メンバーがベンチスタート。GKはグループ3戦目で代表デビューのフランコ・アルマーニが務める。

    開始13分、フランスが先に試合を動*。自陣でルーズボールを拾ったムバッペが、スピードに乗ったドリブルで一気にエリア内へ突破すると、マルコス・ロホに倒されてPKを獲得。これをグリーズマンが冷静にゴール左に決めて先制点を挙げた。失点したアルゼンチンはなかなか反撃が実らなかったが、41分にエリア手前中央でパスを受けたディ・マリアが相手の隙きを突いて左足を一閃。豪快なシュートを右サイドネットに突き刺し、同点に追いついた。

    さらにアルゼンチンは後半の立ち上がり48分、メッシがエリア内右からシュートを放つと、ゴール前に残っていたガブリエル・メルカドが左足でコースを変えてゴールネットを揺らし、逆転に成功した。しかしリードは長く続かず、フランスも57分に反撃を実らせる。左サイドを駆け上がったリュカ・エルナンデスのクロスから、ファーで待ち構えていたベンジャマン・パヴァールがダイレクトで右足を振り抜き、鮮やかなボレーシュートをゴール左上隅に沈めた。

    試合が再び動いたのは64分、エリア内でこぼれ球を拾ったムバッペがゴール左に切り込み左足シュートを決めて、フランスが再びリード。さらに68分には、素早い攻撃からジルーのラストパスを受けたムバッペがエリア内右からシュートを沈めて追加点。GKウーゴ・ロリスからわずか13タッチでゴールを奪い、大きな2点リードを得た。

    後半アディショナルタイム3分、メッシのクロスから途中出場のセルヒオ・アグエロがヘディングシュートを決め、アルゼンチンが1点差とするが、試合はこのままタイムアップ。フランスが4-3で勝利し、2大会連続のベスト8入り。敗れたアルゼンチンは4大会連続の準々決勝進出を逃した。勝ち進んだフランスは、7月6日にウルグアイ代表とポルトガル代表の勝者と対戦する。

    【スコア】
    フランス代表 4-3 アルゼンチン代表

    【得点者】
    1-0 13分 アントワーヌ・グリーズマン(PK)(フランス)
    1-1 41分 アンヘル・ディ・マリア(アルゼンチン)
    1-2 48分 ガブリエル・メルカド(アルゼンチン)
    2-2 57分 ベンジャマン・パヴァール(フランス)
    3-2 64分 キリアン・ムバッペ(フランス)
    4-2 68分 キリアン・ムバッペ(フランス)
    4-3 90+3分 セルヒオ・アグエロ(アルゼンチン)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00786983-soccerk-socc

    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530386890/


    (出典 i1.wp.com)

    【【サッカー】まるで決勝戦のような名勝負!!フランスが4-3でアルゼンチンを破る】の続きを読む

    このページのトップヘ