おサタンとぴっくす

おサタンとぴっくすでは、今どきの気になるニュース、芸能、おもしろネタ、2chで話題なスレなどをまとめて紹介しています。

    1 ひかり ★ :2018/05/29(火) 16:59:39.74 ID:CAP_USER9.net

    「これまで何度も“結婚秒読み”と報じられてきた2人ですが、今度こそゴールインを決めたそうです。長谷川さんサイドは、出演するドラマや映画の関係者にはすでに結婚の報告をしています。
    5月中と聞きましたが、すでに入籍を済ませているという話もあります」(テレビ局関係者)

    “事実婚状態”を続けてきた鈴木京香(49)と長谷川博己(41)が、長すぎた春にようやく終止符を打つという。10年のドラマ『セカンドバージン』(NHK)での共演をきっかけに交際を開始した2人。
    だが15年7月には破局が報じられるなど、その道のりは決して平たんなものではなかった――。

    「もともと、京香さんはすごく結婚願望の強い女性だったんです。でも40代後半に突入してからは、一種の“あきらめ”みたいな気持ちが生まれてしまったみたいで。
    この1、2年は『もう結婚にはこだわらない。いまのままで十分幸せだから』と周囲に漏らしていました」(鈴木の知人)

    いっぽうで、長谷川の煮え切らない態度も、なかなか結婚に踏み切れない理由だといわれてきた。

    「交際発覚当初、京香さんより自分のほうが俳優として“格下”と揶揄されたことを気にしていて、『いまの自分は彼女にふさわしくない』と、ずっとプロポーズできずにいたのでしょう」(舞台関係者)

    そんな、ちょっぴり頼りない“8歳年下の彼”が結婚を決意したきっかけとは――。

    「20年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』で、長谷川さんが主演(明智光秀役)に抜擢されました。また、今年10月からスタートする朝の連続テレビ小説『まんぷく』(NHK)では、
    ヒロインの夫役を演じます。大仕事が次々と舞い込んできて、長谷川さんにも男としての自信がやっとついたのでしょう」(芸能関係者)

    もうひとつ、2人の結婚を後押しした大きな転機があったという。

    「5月31日に、京香さんは50歳の誕生日を迎えるんです。“40代のうちに結婚すること”は、少し前までは彼女にとって長年の夢でした。最近では京香さんから結婚の話を口にすることはないんですが、
    長谷川さんはそんな彼女の複雑な気持ちには薄々気付いていて……。長谷川さんのほうからプロポーズしたと聞いています」(長谷川の知人)

    5月下旬、本誌はそんな2人の“愛の巣”を訪れた。午後1時すぎ。小雨がちらつくなか、都内にある高級マンションから長谷川が歩いて出てきた。記者の直撃に一瞬驚いた様子を見せたが、
    次の質問で表情がパッと華やいだ。

    ――京香さんの50歳の誕生日を機にご結婚が決まったそうで。おめでとうございます!

    「あはは!すみません~、勘弁してください(笑)」

    そう言うと、長谷川はこちらがびっくりするほど満面の笑みを見せた。“嬉しいけれど何も答えるわけにはいかない”といった様子だ。足早に去ろうとする彼に、記者は矢継ぎ早に質問を投げかけてみた。

    ――入籍は済まされたんでしょうか?せめてそれだけでも!

    「いやぁ、すみません(笑)」

    彼は記者に会釈をすると、その場を後にした。突然の直撃にも嫌な顔ひとつせず、終始笑顔だった長谷川。「すみません」と言いつつ、結婚を否定することは一度もなかった――。

    「京香さんの意向で、挙式は近親者のみ。披露宴の予定もないようです。結婚を発表するかも決めかねているくらいなので、あくまでもひっそりと済ませたいようです。だから、長谷川さんも
    京香さんの意向を無視して、勝手に話すわけにはいかないのでしょう」(前出・テレビ局関係者)

    揺れる女心を変えた、8年越しのプロポーズ。終始笑みを崩さなかった長谷川の表情は、自信と幸福に満ち溢れていた――。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180529-00010002-jisin-ent

    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1527519952/


    【【芸能】鈴木京香がついに結婚へ!?!?!?恋人・長谷川博己は笑顔で否定せず】の続きを読む


    安室 奈美恵(あむろ なみえ、1977年9月20日 - )は、日本の女性歌手、ダンサー。本名同じ。身長158cm、血液型O型。愛称は安室ちゃん(奈美恵ちゃん)。所属レコード会社はavex、レーベルはDimension Point。所属事務所はstella 88。
    112キロバイト (7,804 語) - 2018年5月28日 (月) 03:06



    1 きゅう ★ :2018/05/26(土) 11:33:28.66 ID:CAP_USER9.net

    4人組ダンス&ボーカルグループ・MAXが24日、都内で行われたイベントに出席。9月16日で引退する歌手の安室奈美恵が出身地の沖縄県の県民栄誉賞を受賞したことを祝福していたことを、各スポーツ紙などが報じている。

    安室は23日に沖縄県庁で県民栄誉賞を授与され、声援を送ってきた沖縄のファンに対して、「一人でも多くの人が笑顔になり、元気を出してくださったなら、25年間やって来てよかったと思う」と感謝した。

    MAXのメンバー4人といえば、沖縄アクターズスクール時代から安室と苦楽を共にし、音楽ユニット「安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S」として活動。その後、いつの間にか安室はソロ、4人はMAXとして単独で活動していた。

    各紙などよると、NANAは「私たちもうれしくて、素晴らしい賞。誇らしいです」と喜びの声。

    直接お祝いの言葉は伝えられていないそうだが、REINAは「これから機会があれば言いたい」と笑顔。

    6月3日の東京ドームで引退ツアーのファイナルを迎えるが、MINAは「寂しい気もしますが、彼女らしく胸を張ってステージを終えるんじゃないかな」。

    そして、LINAは「奈美恵も落ち着ついた後にお祝いできたら」と祝賀会の開催も匂わせたのだが…。

    「そういう流れになるのは仕方ないとして、MAXに安室のことを聞いた人はなかなかのチャレンジャー。というのも、現在はほとんど絶縁状態になってしまっている。要は、ソロで売れた安室がMAXを“捨てた”ような形になったことで遺恨が勃発。そうでなければ、安室は引退公演のステージにMAXをゲスト出演させてもおかしくない」(芸能記者)

    MAXのメンバーたちが安室に祝福の言葉を伝えることも、安室同席での祝賀会を開くこともなさそうだ。

    https://wjn.jp/article/detail/7870195/

    (出典 wjn.jp)


    【【芸能】MAX、安室奈美恵の県民栄誉賞を祝福も、現在は“絶縁状態”】の続きを読む



    1 スタス ★ :2018/05/29(火) 07:04:07.76 ID:CAP_USER9.net

    同性を愛するということ 勝間和代のカミングアウト
    LGBTアクティビストとの出会いが、蓋をしてきた思いに形を与えた。

    2018/05/28 09:11
    古田大輔 BuzzFeed Founding Editor, Japan
    愛する人との生活は幸せだ。でも、それを公表できない人もいる。例えば、同性同士で暮らす人。残念ながら、偏見を持つ人は今もいる。

    でも、本当はそんなのおかしい。勝間和代は少し緊張した声で話し始め
    「私は一目惚れするタイプでは全くないんです。最初に会った印象も、あんまり覚えていない。人のことをよく見て気を使う人だな、ぐらいでした」
    しかし、気がつけば惹かれていた。レズビアンであることを公表し、堂々と生きる彼女の姿に。

    そしてそれは、ずっと昔に蓋をした自分の気持ちに、向き合うことに繋がった。

    華麗な経歴の影で

    当時最年少の19歳で公認会計士2次試験に合格。学生結婚し、21歳で出産。子育てしながら在学中に働き始め、卒業後はマッキンゼーやJPモルガン証券などでキャリアを積んだ。

    2007年の独立後は、女性の生き方や働き方などについて矢継ぎ早に本を出して売れっ子に。「カツマー」と呼ばれる熱心なファンも生まれた。

    学生結婚を含めて2度結婚と離婚を繰り返し、3人の子どもがいる。
    ワーキングマザーにして、ベストセラー作家。明快な論理でマシンガンのように言葉を乱射し、目標を達成していくパワフルな女性。
    これが世間のイメージだろう。

    思うままの人生に見える勝間だが、封印してきた思いがある。それが、同性に対する恋心だった。

    「ダメなことと思ってた」

    「高校のときも、大学のときも、女の子を好きになる感覚はありました。でも、ダメなことだ思ってました。男性も好きになるし、女性を好きな気持ちには蓋をしないといけない、と」

    同性を愛する人、両性を共に愛する人、違う性を生きたいと願う人。レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字をとったLGBTという言葉は近年、広く知られるようになった。

    しかし、1968年生まれの勝間が10代だった頃には、LGBTに関する情報は少なかった。女性にも惹かれる気持ちに困惑しても、大きな本屋の専門書コーナーで立ち読みするぐらいしかできなかった。相談相手もいなかった。

    最初の結婚をし、子どもが生まれ、働き始めると、悩む時間もなくなった。

    「子どもと仕事で手一杯でした。いま思うと、無意識にそういう情報を避けていたのかもしれません。知ると、混乱してしまうから」
    気持ちに蓋をしたまま、勝間は着実に成功の階段を登った。

    2006年に出した初の単著「インディでいこう!」で描いた女性像そのままの独立した(インディペンデントな)ワーキングマザーとして、テレビでも盛んに取り上げられるようになっていく。

    続く

    ★1 2018/05/28(月) 11:07:32.48
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1527506652/


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【LGBT】勝間和代さん、バイセクシャルをカミングアウト 美しすぎる同性パートナーは渋谷区の同性パートナー制度第一号】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/05/28(月) 10:14:51.45 ID:CAP_USER9.net


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    元夫の俳優船越英一郎(57)に名誉毀損(きそん)で刑事告訴されている女優の松居一代(60)が28日午前、警視庁北沢署に出頭した。事情聴取を受けるのは24日に続き2回目。都内の自宅を自転車で出て、途中で銀行に立ち寄り、貸金庫で「証拠品の数々」を取り出した上で出頭した。

    「証拠品」を詰めたとみられる紙袋はずっしりと重そうで、警察署に到着すると「はぁ、はぁ」と息を切らし、汗を流していた。出頭前にはブログを更新し「警察署は目の前です。出頭してきますね」と報告した。

    2018年5月28日 10:02
    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/28/kiji/20180528s00041000151000c.html

    関連スレ
    【芸能】松居一代に事情聴取3時間「堂々とお話ししました」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1527137185/


    【【芸能】刑事告訴された、松居一代 2度目もママチャリ出頭 「証拠品の数々」紙袋にずっしり】の続きを読む



    1 峠 ★ :2018/05/28(月) 20:45:13.80 ID:CAP_USER.net

    静かな住宅街に突如、叫び声と発砲音が響いた。28日、警察官ら2人を切りつけた男が発砲され、
    死亡した事件が起きた熊本市東区。路上に血痕が広がり、パトカーのサイレンが鳴り響くなど、
    現場周辺は騒然となった。「一体何が起きたのか」。住民らの間には驚きと不安が広がった。

    近所に住む70代女性は「うわー」という男性の声の後、「パンパン」と発砲音のようなものを
    2回聞いて家を飛び出した。「『ナイフを持っているから気を付けて』と叫ぶ声が聞こえた。
    (男に)追われていたのか、はだしの男性もいた」

    担架に乗せられ、顔を隠された状態で2人が搬送されていった。現場近くの消防署玄関近くには、
    警察官らを切り付けたとみられるナイフが落ちていた。「この近くで、これまでこんな事件が起きたことはない。怖い」と
    声を震わせた。

    別の家に住む主婦(77)は「買い物から帰ると、周辺の道路が規制されていた。近隣住民が大勢集まって、
    不安そうに見守っていた」。デイサービスセンターの男性従業員(25)は午後6時ごろ利用者の送迎から戻った。
    「現場付近に警察官が集まり慌ただしかった。何が起きたか分からない」と驚いていた。

    近くの国土交通省九州地方整備局立野ダム工事事務所では、職員の男性が「事件のことは詳しく分からない」と
    混乱した様子で繰り返し、「同僚が巻き込まれなくて良かった」と話した。

    ソース 産経WEST 05/28 20:13
    https://www.sankei.com/west/news/180528/wst1805280073-n1.html


    (出典 image.video.dmkt-sp.jp)


    【【警官発砲 刃物男死亡】やむを得ず5発発砲か。警察官発砲で死亡はまれ。】の続きを読む

    このページのトップヘ